電気の豆知識

地域によって周波数が違う?

実は同じ日本でも、静岡県の富士川から新潟県の糸魚川あたりを境にして
周波数が違います。この境の東側が50ヘルツ・西側が60ヘルツとなっております。
そのため、電気製品によっては引っ越したら使えなくなる家電製品が出てくる
可能性がございますので、お引っ越しの際には十分ご注意ください。
電気製品をご覧になると、「50Hz」、「60Hz」、あるいは「50-60Hz」と
表示されています。「50-60Hz」と表示されている場合は
全国で使用できるのですが、「50Hz」か「60Hz」の表示しかない場合は
ご注意ください。

全国の周波数地図

もし「50Hz」専用の器具を「60Hz」の西側で使用したらどうなる?

モーターが高速回転をしてしまい、耐えられなくなります。
そのため間違えて使用すると、故障や火災に繋がります。

「50Hz地域で60Hzの器具を使用した場合」「60Hz地域で50Hzの器具を使用した場合」

冷蔵庫(賢い商品選び!)

家族の人数やライフスタイルに合わせ省エネ基準高いもの・年間消費電力量の
少ないもの多段階評価による☆マークの数が多いものを選びましょう!
冷蔵庫の設置は周囲に適度な隙間を開けて、直射日光の当たる所やガスコンロの
近くは避けましょう!またドアの開閉は短く、少なく、食品の詰め込みすぎや
加熱直後の食品の入庫は禁物です!
庫内の温度が上昇したり、冷気の流れが悪くなり余分な冷却運転が必要になり
消費電力量が増えます。また他の食品にも悪影響をおよぼします。

冷蔵庫に入れなくても良い食品

野菜や果物は低温障害を起こして痛んでしまったり変色したりするものもあります!

・野菜室に保存しなくても良い物(タマネギ、ニンニク、カボチャ)・野菜室に保存しては駄目な物(メロン、バナナ、パイナップル、パパイヤ、アボガド)

冷蔵庫のお手入れとお掃除も忘れずに!
ドアパッキンの破損は冷気漏れの原因になります!
冷蔵庫内、外側、背面などこまめなお掃除を!